2ちゃんログ
2013-09-09 高岡スレ 猪瀬と外資・消費税
664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:19:25.18 ID:j0oyshs20
<赤子の手をひねるようにだまされている小泉総理>
 小泉氏は赤子の手をひねるようにこの元信州大学全共闘議長の猪瀬にだまされているのだ。
<JH藤井氏の真実>
○JHの総裁藤井氏は天才のような人物で、人の話をよくきき、アイデアマンで、 財務についてもユーロ債を発行した際にも活躍した人であると聞いている。
○コスト削減にしても、JHは2001年度に新技術の革新で2000億円もコスト削減 している 職員は朝から深夜までよくはたらいている。
<高速道路の必要性と道路公団の仕組み>
いままで高速道路は400兆円の需要を生み出している。これは国家としてみたら収入のようなものだ。 国が出したのはたったの1兆8千億円あまりである。(補助金と資本金)となると低コストで景気浮揚効果が一番高いのは特殊法人の仕組みなのだ。国の信用を使って低金利を実現させてきた。
<お金の定義>
もともとお金の定義は「信用にうらづけられた価値をあらわすもの」であるから抜群の信用を持つ国が背後にいれば、それは財務諸表上で負債が最初多額であっても「低利」が実現する。


661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:17:44.06 ID:s4cC17kHP
猪瀬氏は東電と反発してる(よね?)今猪瀬氏をどうこうって逆に東電を調子に乗らせるだけのが。現状、猪瀬氏よりマシな都知事候補っているかい?


663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:18:49.85 ID:j7219sxJ0
都知事候補ってへんな人しかいない印象(都民の方すみません)


665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:20:50.01 ID:j0oyshs20
>>661
どちらかというと、俺は東電に同情的です。つーか、猪瀬に東電解体のキックバックを渡したくないですから道路公団の藤井総裁は、国防上の懸念から日韓トンネルに待ったをかけた人物です


666 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:20:55.04 ID:s4cC17kHP
訂正 のが→の気が。
>>663 そうなんだよな。自分もそう思うw


669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:21:47.38 ID:HWZNySZ20
>>663 都知事選次点は、シバキ隊支援者の極左弁護士宇都宮

671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:23:13.02 ID:TrjMddCo0
>>663 マック赤坂とか…


672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:24:22.63 ID:j0oyshs20
<株式会社と特殊法人の違い>
つまり通常の株式会社のように貸借対照表上で資産と負債のバランスで経営を見るというのではなく、最初から負債で造ってしまい、道路を利用する人の通行料によってその負債をゼロにして、一斉無料開放する。利益はすべてその無料開放のためにあてられてきたのだ。
<猪瀬のでっちあげ>
しかし猪瀬はこれを利益隠しだとでっちあげて、それを利益配当の原資にしようと考えているようだ。しかも猪瀬案の民営化論ではそれまでの金利は暴走しだして国民負担になるはずである。
<国民を猪瀬から守っているのがJH藤井氏>
そうならないように国民を猪瀬から守っているのがJHの藤井氏である。 そしていまの公団の仕組みは、最初負債100%→最終的に0%にして資産だけ残ること。新規高速道路ができるとネットワーク化されて通行量が増大する。国がたったの1.8兆円しか出さずに、この40兆円規模の全国ネットワークを手にいれられることを知らずに、この優れた制度をこわそうとするマスコミや政治家は猪瀬のうそに迎合していていいのだろうか?
<民営化という国家資産売却ビジネスの罠>
しかし、民営化という名称の国家資産売却を許し、英米多国籍企業の独占を許せば、高速道路料金ははねあがり、5倍にはなるだろう。カリフォルニアでは電力の自由化をしてから、「競争して一生懸命値段を下げるはずだった」のに、電力価格は1年後には379%になった。しかも値上げするために停電ばかりやられるのだ。水道の自由化をした国家が世界にはあるが、水の料金は3倍から5倍になっている。当たり前である。

674 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:25:28.57 ID:8C8E0tlO0
>>661
前回の都知事選の候補者メンバーを見るに、マシな奴らは潰されたかとても手を出せない事情を理解して出てこない気がする。もうちょっと除鮮が進まないとどうしようもないと思うので、猪瀬の尻と頭を叩きながら行くしかない。


676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:25:46.93 ID:kkvj/WFb0
>>669 あの極左弁護士ジジイは最悪だな
秋葉原当たりにも媚売ってたがあんなんがなったら滅茶苦茶になるわ


677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:26:00.87 ID:8C8E0tlO0
>>663
同意同意>>674


679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:27:44.39 ID:j0oyshs20
>>676
どっちもウンコさ
ただまともな知識と良識を持った人達は、当時藤井総裁の言い分の方が正しいと思っていた
猪瀬の主張には1%も理がない
メディアのヘッドラインに騙されるな!は、猪瀬への嫌味だと思っている


689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:39:30.98 ID:j0oyshs20
話は変わる。藤井道路公団総裁を巡り、世間は混乱している。そこで今週号は、予定を変更して道路公団問題を取上げることにする。予定していた構造改革のバイブルとなった林文夫教授の論文については、後日取上げることにする。
マスコミや世間は、藤井総裁を「極悪人」と見なし、更迭されるのは当り前という捉え方である。したがって藤井総裁が辞表を出さなかったため、総裁に対する批難がさらに大きくなっている。特に東京新聞などは、総裁の「薩摩の人間だから地位に連綿としない」という発言に対して、「薩摩の人々が迷惑している」とまで言っている。しかしこのような記事を書いた記者は、どれだけ道路公団の事を調べたのか疑問である。単に、この記事は物事を余り考えない人々に、藤井総裁は悪人という印象を与えるのが目的としか考えられない。
先の総裁選における毎日新聞の報道振りと言い、あまりにも日本のマスコミについては、世論をある一定方向に持って行こうという意図が見え透いている。


691 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:40:20.90 ID:j0oyshs20
片桐日本道路公団四国支社副支社長の告発文が文芸春秋の8月号に掲載された経緯や、猪瀬氏のこの件への関わりまでも記されている。また猪瀬氏のアドバイザーを務めていると言われる外資系証券会社の人物も登場する。たしかに怪文書的要素もあるが興味深い内容である。
特にこの外資系証券会社の人物は、竹中大臣と昔から極めて親しい間柄と噂されている。まさに道路公団の騒動は、注目スターのオンパレードである。このように道路公団を巡っては、水面下で日本の構造改革派とこれに対抗する勢力が激しくぶつかっている様が見てとれる。しかし完全に構造改革派に染まっている日本のマスコミはこの種のことは全く報道しない。日本のマスコミの報道を鵜呑みにしていては、道路公団問題の本質がまるで見えてこないのである。
日本のマスコミは重傷である。
先の総裁選における毎日新聞の報道振りと言い、あまりにも日本のマスコミについては、世論をある一定方向に持って行こうという意図が見え透いている。


694 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:42:43.92 ID:j0oyshs20
建設派は、主に技術系の人々であり、建設省(現国土交通省)からの天下り組が主導権を握っている。一方、改革派は道路公団プロパーの人々が中心になっている。分りやすい図式である。建設派は、どんどん素晴しい高速道路を造ることに生き甲斐を感じ、一方改革派は道路公団の将来の経営状況に関心がある。改革派の人々は、計画されていても、採算の合わない高速道路はもう建設を止め、道路公団の経営が健全化することを願っている。さらに改革派は、道路公団を民営化し、株式も公開し、国土交通省からの干渉を受けない形を望んでいる。したがって改革派の人々は、猪瀬氏達の道路公団民営化委員会との結びつきが強かったと考えられる。
本誌が指摘したように、道路公団の将来の収益予想で用いられた金利水準は、異常に高かった。高速道路は儲からないということを演出したかったのである。このような数値を用意したのも当時、道路公団民営化委員会の事務局を務めていた片桐副支社長達である。これに対応するように、民営化委員会の方も事務局が示した金利水準については全く議論していない。借入金がこれだけ大きいのに、試算に使う金利水準の妥当性については何も議論しないとは、いかに道路公団民営化委員会自身が欺瞞の存在かを物語っている。
改革派の人々は、高収益のまま道路公団が民営化され、自分達の将来の生活が保証されることを願っている。彼等は、さかんに「国民の負担となる借金をこれ以上増やすわけには行かない」と言っている。しかし彼等、改革派の告発文には、道路公団職員の給料が高いことも、建設コストが高いことも、ファミリー企業の実態にも全く触れていない。改革派の人々は、二言目には「国民のため」と言っているが、実にそらぞらしい。


692 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:41:15.88 ID:MFsVdVTt0
>>345
>つーか永久に消費税増税なんてダメだ
>直間比率を元に戻さないと
賛成
だって景気がよくなって税収増えれば増税いらないんだよね
なんかおかしいんだよね
増税すると財布の紐開かなくなる→税収減る


695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:43:07.58 ID:ExmGZbZh0
>>692
でも、インフレになれば消費を冷やさないといけないから、消費税は必要だと思うけどな。違うのかね?


696 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:44:21.57 ID:j0oyshs20
>>695
付加価値税なんで、消費が冷えるのではなく売上が減るのですよ
納税しているのは事業者ですよ


703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:50:53.75 ID:ExmGZbZh0
>>696
そう言えばここ2~3日、消費税の話していなかったっけ?というのは置いといて・・・。自分は全く素人だからなんとも言えないのだけど、消費税って事業者が払うと言っても事業者も消費税取れるのでは?やっぱり取りづらいのかね?だって値段に消費税が含まれてるじゃん?(震え声


715 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 01:00:22.74 ID:81Z/KiEl0
>>703
取ろうと思えばとれるけどさ。
ただAの販売店では消費税増税ぶんを素直に上乗せした。
しかしBの販売店では消費税増税ぶんはそっくり値引きした。
そうすると消費者はBの販売店に通常はいくんだよね。
置いてあるものや品質が同等の場合。
そして今度は値下げをAも対抗し、Bもまた対抗し・・・の繰り返し。
増税前は「どちらがいい商品を置くか」で対抗していたのにね。
Bは自分の社が傷まないように下請け企業への値下げを要求した。
それを知り、Aもマネをする。
下請けもいい加減値下げが厳しくなったので、
(もしくは要求がひど過ぎて倒産か取引拒否をされてしまったので)
今度は自社の人件費をカットすることにした。
もしくは人件費が安く使える外国人の雇用を増やしたり、海外への下請け発注を
考えるようになった。
ストーリー仕立てだとこんな感じだけど、実際に橋本内閣増税時以降に起こったことだよ。これは又聞きだけどさ。あとは円高やその他の影響もあるから、消費増税のせいだけではないけどね。


721 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 01:05:28.60 ID:ExmGZbZh0
>>715
でもその例はデフレの場合の話しではないのかね??
申し訳ないけど、レスしておきながら眠くなりました^^;ごめんなさい。
また教えてください。寝ます。レスありがとう^^あげ^^


742 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 01:22:21.36 ID:81Z/KiEl0
>>721
何度もレスしてごめんよ。企業の場合、他と比べての「強み」が必要になる。低品質の代わりに安い、もしくは高い代わりに高品質など。
デフレ下では「安い」が中心で、インフレ下では高品質が売れやすくなる。デフレ化で企業が重視するのはコストカット。インフレ下で企業が競争するのは技術競争。
消費税増税後は高品質で高い、低品質で安い等でなくただの値上げ。安いものを探すきっかけになりやすいんだよね。デフレだから安いものが流行るってのも正解なんだけど、安いものを探す人、買う人が増えるからデフレになるって面もある。消費税はその起爆剤にもなりやすいんだよ。どこかが「値下げ」を開始すると、競争に拍車がかかりやすくなる。ただし従業員を考える経営者や上司しかいなければ加熱しないんだろうけどさ。ハゲバンクやらワタミなどのような経営者がのさばるうちは、まず「安値有利」と見れば安値を仕掛ける。従業員とかは関係なくね。
過度のインフレになったら増税は正しいと思うけどさ。実態が伴わないものになったらって場合だと思う。デフレ競争をストップさせるのと同じく、バブルになった場合とめるための有効手段じゃないかな。そのときのカードだとは思う。


699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:47:38.09 ID:j0oyshs20
以前本誌で述べたように、そもそも道路公団方式は、田中角栄元首相の発案である。道路の使用料を徴収し、これを新しい高速道路の建設費に充当するというのが道路公団方式である。これは国の金を使わずに高速道路が次々に整備されるという画期的なアイディアであった。しかしこれは道路はタダという常識に反するもので、当時の建設省の役人は猛反発した。そこで田中角栄氏は東京の勝鬨橋で料金を徴収していることを例にとり、役人を説得したのである。今日では、世界で有料道路は当り前になっているが、これは日本の高速道路をヒントにしている可能性がある。
田中角栄氏は、道路建設の財源として、財政投融資を使うことにした。この返済に、高速道路の将来の料金収入を充てるのである。そしてこの道路公団方式によって、日本の高速道路の建設は比較的順調に進んだ。おそらく国費だけで高速道路を造っていたなら、今日の半分も完成していなかったであろう。
このように道路公団の役目は、どんどん高速道路を造ることである。この点では藤井総裁の考えや行動がまともなのである。むしろ改革派の言っていることがおかしい。改革派が言っているように、もう高速道路を造らないなら、公団を民営化するのではなく、道路公団を廃止すべきである。ここがJRと大きな違いである。
JRは、新線の建設というより、列車の運行を行う会社である。しかし道路公団に残された仕事は、高速道路のメンテナンスだけである。それならば職員が9,000名もいる道路公団は不要である。せいぜいこの10分の1以下の人員で十分である。


711 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 00:57:05.03 ID:j0oyshs20
<猪瀬直樹氏の素顔>
猪瀬直樹氏について、よくご存じない方が多いようです。
1.副都知事室に450万かけて自分専用トイレを設置
トイレに行くのが面倒、トイレが汚い等の理由で(?)副知事室に自分専用のトイレを作らせ、税金450万を無駄遣いした上に、そのことを議会の場で追及されると、
「こうゆう問題を取り上げて時間を浪費するほうが税金の無駄遣いではないか」と開き直った。
2.ハイヤーを乗り回し税金620万円を浪費
道路公団民営化委員の時代、黒塗りハイヤーを私用でも乗り回し620万円の税金を無駄遣いした。他の委員は皆タクシーを使用していたが猪瀬だけがハイヤーを要求(タクシーではタバコが吸えないためか?)。行き先の経路も黒く塗りつぶされていた(私用で使った疑い)。
https://www.facebook.com/tobacco.free.community/posts/512804645404544